参議院選挙の投票方法と期日前投票

1.参議院選挙の投票方法

参議院議員選挙は「選挙区選挙」と「比例代表選挙」があります。
比例代表選挙は、各政党の総得票数(候補者個人の得票数+政党名の得票数)を比例配分して当選者数が決まり、候補者ごとの得票数の順に当選者が決まります。

当選・落選ボーダー

候補者個人の得票は、

①政党の総得票数を増やし、政党の当選者数増につながる
②政党内の候補者の順位を押し上げて、当選に近づく

候補者名の投票は、政党名投票の2倍効果
比例代表は政党名ではなく、候補者名を書こう

2.期日前投票

選挙は、選挙期日(投票日)における投票が原則ですが、選挙期日に投票に行けない、仕事や旅行などで住んでいる地域以外の場所に出かけている、海外に住んでいるなどさまざまな状況を考慮した仕組みがあります。
その中で、期日前投票制度は、選挙期日前でも選挙期日と同じ投票を行うことができる仕組みです。

毎日が投票日!!いつでも投票できます。
投票日の公示日(告示日)の翌日から投票日の前日までの間(土・日曜日、祝日を含む)に、期日前投票所で投票できます。
手続きはカンタン。時間もかかりません。
投票日に急な用事、体調や天候が悪い等のさまざまな理由で投票所に行けない場合があります。
期日前投票は、投票日の投票と同じく、投票用紙を直接投票箱に入れることができます。
手ぶらで投票できます。
入場券の紛失や持参忘れの場合でも、所定の用紙に名前や住所などの必要事項を記入して提出することで投票できます(身分証でもOK)。
  • 「選挙」は、私たちが政治に参加し、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最も重要かつ基本的な機会です。
    選挙の仕組みを理解して関心を持ち、選挙を身近なものとして、私たち薬剤師の声を政治に反映させていきましょう。