2012年度 薬剤師地方議員意見交換会 > アンケート回答

※薬剤師地方議員意見交換会出席者一覧はこちらです。

設問. 地元で、薬剤師が関わる課題について取り組んでいること

県名議員名役職回答
宮  城 齋清志 大河原町長 仙南薬剤師会の会長をつとめています。
仙南2市7町が二次医療圏のくくりであり、圏内の地域医療対策委員会内に薬局部会を設置し、休日当番薬局体制の整備も県下に先駆けて実施しました。
現在は平日夜間の初期救急体制整備への協力を表明し、薬剤師の地位向上につとめているところです。
山  形齊藤栄治山形市議会議員地域の夜間、救急診療所の運営において、市薬剤師会として医師会、歯科医師会と協定を結び共同で運営をしています。
平成26年に開催される日薬大会の準備を行政もまき込み取り組んでいます。
栃  木山口恒夫栃木県議会議員158,000円の学校薬剤師報酬の首長判断での流用の可能性について、調査・研究し、最善の方法を検討して参ります。
脱法ハーブへの対応や、チーム医療における薬剤師の役割についても明確にしていきます。
東  京山本佳昭青梅市議会議員使用済み注射針の回収についての助成制度について取り組んでいます。
夜間・休日診療の調剤体制の整備を行っています。
大  阪 河本光宏 茨木市議会議員 茨木市がん対策推進条例の制定に向けての取り組み、子宮けい癌ワクチン、肺炎球菌ワクチン等の助成拡充を行っています。
地域救急医療体制の整備並びに、災害時医療体制の整備・医薬品の備蓄等、防災・減災の対策に取り組んでいます。
その他、医薬分業のさらなる推進にも取り組んでいます。
島  根川神裕司浜田市議会議員地域医療計画策定委員会、環境審議会、地域支援病院諮問委員会等、薬剤師が関りをもつ政策会議には必ず薬剤師を参画させるようにしています。
最近では熱中症対策等、学校環境整備が特に重要であると指摘されています。
学校薬剤師の役割+薬剤師議員としての職制を最大限発揮して、照明整備、熱中症対策を一気に進めることができました。
薬剤師の地位向上に全力を注ぎたいと決意しています。
岡  山村木理英総社市議会議員お薬手帳を市が作成(支部会監修)することで、小児医療費無料化における課題であるハシゴ受診の削減や医薬品の適正使用を推進し、医療費の抑制に取り組んでいます。
薬剤師会の活動を市の広報紙などで広報し、薬剤師の存在をアピールしています。
広  島上原貢府中町議会議員学校薬剤師の報酬が基準に達していない現状があり、1校あたり、158,000円(年額)をきちんと予算にあげていただくよう、各自治体や議員にお願いしています。
学校での「薬物等の講義」を行政マンや警察、教員などが行っている現状があり、学校薬剤師等をきちんと活用するように働きかけています。
鹿児島 阿世知学 西之表市議会議員 国民健康保険制度について